小さな手仕事のために

今年のキルトフェスティバルは期間の中日に行きました。
作品はほとんど見ないで、目的はランチとshop巡りです^^
今年の掘り出し物は、陶器のヴィクトリアン系ミニシューズ

それに小さなピンクッションを作り、入れました。

派手な色

派手な色に躊躇しましたが、形に心惹かれて~

洋裁をする時、大きなピンクッションは使いやすいですが、
針を紛失しても気が付かない事があります (~_~;)

小さな手仕事の時、私は最小限の針山を使うのが好きです^^

製作時間は・・・

ピンクッションの中には、針が錆にくい羊毛を入れ、
外布はシルクシャンタンにアンティークのチュールレースを被せました。

小作品ですが、自作だと愛着が湧いてきます^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する