日本人形作成

つるし雛の先生をされているhinanoさんから、
素敵なお人形とそのお材料を頂いたので、私も作りました。

↓頂いたhinanoさん作のお人形、雛ちゃんです
  ※ 顔は私が描きました(//>ω<)

かわいい~ぃ

お人形の詰め物以外はすべて絹です。
高価な古布の縮緬の着物を着ていますo(^▽^)o

雅な香がする雛ちゃんには、
鎌倉の天薫堂のにおい袋が添えらていました

素敵!  後ろ姿も可愛いすぎ^^

前と後ろの立ち姿も、凄く可愛い
古布の呂で作られた団扇もhinanoさん作です^^


私の人形は、hinanoさんが下さったレシピと
実物をお手本にして作りました。

総裏付きの着物は、自己流で作成出来ないと判断して、

借りた本

図書館から本を借りてきました。

右の本は略式で作る着物ですから、比較的に簡単に作れそうです。
羽織りや袴なども掲載されているから、着せ替えが楽しめると思いました。

私が参考にしたのは左の本 
「やさしい お人形さんの着物」・・・・タイトルに偽りを感じます(;д;)
作成に取り掛かる前日、一日費やして読んでもチンプンカンプン
とても丁寧な説明や解説は◎ですが、工程写真が不親切!
濃い色の布で同色の糸を使い、
裏の裾回しも表布と同じ物を使って説明(*`へ´*)
もっと分かりやすい写真が載っていたとしても、
総裏の着物仕立てはパズルのように難解でした。

私作の人形

着物仕立ての難易度にすっかりハマって(笑)
3枚仕立て、お人形2体は後で作りました。

座っている子が長女の初子ちゃん、
初子ちゃんの着物はhinanoさんに頂いた古布の縮緬でつくりました。

右後ろは次女の次美ちゃん、この子だけ顔に眉毛があります。
まるい鼻も描いたのですが、大失敗(>_<)
鼻は白い絵の具を塗って、隠しましたがよくみると痕跡が(T_T)

左は三女の末子ちゃん
この子の着物は以前、はんなりさんから頂いた古布で仕立てました。
末子ちゃんは、私の作成疲れが顔に表れていますね(笑)

床の太鼓は、初子ちゃんの着物の端布で作っています^^

記念写真

みんな同じ型紙で作られた子なのに、個性があります^^
全員詰め物以外はシルク製なので、触った感触がとても良いです。


hinanoさんへ
良いお手本を頂けたので、お人形作りと着物の仕立ても楽しく出来ました。
お蔭様で宝物がまた増えました。
可愛らしくて素晴らしいお材料でつくられたお人形さんを、有難うございました。
いつまでも大切にいたします。








スポンサーサイト
Theme: ドール | Genre: 趣味・実用