鎌倉cottoにて

10/18日(日曜日)yumehonokaさんのworkshopに参加しました。

外側

教わったのはミニソーイングケース

刺繍はループとフレンチナッツ?ナット?ノット?のコンビネーション(花)
それからストレートステッチ(葉)です。

材料にアンティクの布・レース・ボタンを使用してます。
yumehonokaさんが染められたリボンもシックな色なので、
完成作品はアンティークのように見えて、とても素敵です~♪

内側

内側はポケット2つとフエルトの針刺です。

糸巻きbefore

ポケットに入れた糸巻きは~
アンティーク復刻版の糸巻きの裏(無地)に
紙を貼りました。
yumehonokaさんからメモ用に頂いた紙です(笑)

今年もcottoでは作品の即売をいたしました。
売り上げ金の一部を東北支援に寄付されるので、
私も5作品だけですが、出品致しました。

販売品

ミニはさみ付き鋏入れ3点とカードケース、ドール形ピンクッションです。

1日目で完売したそうです^^
私の拙い作品をお買い上げ頂き感謝しています。

それから東北支援の為に長い間、ご奉仕されている主催者様や
協力者様方には、心から敬意を払います。
スポンサーサイト

携帯用ソーイングセット入れ

ポーチの中に入れられる薄くてコンパクトな
お針セット入れを作りました。

可愛い~

サイズは6×9cmです。

木馬のりぼん

本体は6cm幅木馬さんのフリルリボンを使っています。

数年前に、このリボンを使って、
yumehonokaさんがカードケースを作っていました。
そのアイデアのパクリです(#^.^#)
お師匠さぁま~いつも無断でごめんなさいm(_ _)m

yumehonokaさんとセルシアーナさんに初めてお会いした日に
自由丘のボンクラージュに行きました。
その時にオーナーさんから頂いた糸巻き、美しくて使えなく
箱にしまっていましたが、この入れ物と相性が良いので、
この際 糸巻きとして使います。