スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステキすぎる布花

昨日のブログで告知した布花先生の作品

メインのブーケ

約90㎝四方の羽衣をクリーム系の色に染めて、
一角に薔薇とスミレのブーケ付いています。
スミレはそれぞれステキな色に染められいます。
赤やサーモンピンクのスミレもあるのに、中に隠れてしまいました。
薔薇の花びらは数種類の布で構成されています。
たぶん、シルクサテンにシルクオーガンジー・
ヌメも使われているかも~
花びらの先に染められた淡いピンクがとっても素敵ですが、
写真には繊細な色が写っていませんね。

可愛い花が付いてます

所々に小さな可愛い花が散りばめられています。
写真を撮るために小花を寄せ集めましたが、
とってもバランス良く、配置されています。

可愛い

ステキすぎて、その魅力の半分も写真では再現出来ません
まるでフェアリーのストールのようです

スポンサーサイト

パンジーの布花

今週の水曜日は布花のレッスンに行ってきました。
教えて頂いたのは

  パンジー

パンジーです。
お花のサイズは実物のパンジーとほぼ同じです。
小さくしたらビオラになりそうです。
木綿のパンジーは、素朴でとっても可憐です^^

ボンドが手に付く茎巻きが嫌いで、
いつもは半分以上、作りかけを残してしまいますが・・・

  すべて作りました

今回は頑張って、全部作りました^^

イメージ通りじない~~;

ピンクは形にする前、凄く可愛いと思ってお気に入りでしたが、
出来上がりは幼稚で、ちょっとがっかり
でも優しい色の小さなお花と組み合わせたら可愛いくなりそう~

大人色のパンジー

シックな赤は、いっしょにパンジーを作ったM子さんが染めました。
とってもステキだったので、お手本に頂きました~♪


レッスンの日に、先生から夢のようにステキな作品を譲っていただいたので、
その作品は明日、ご紹介したいと思っています。

ねじり袋

先月、hinanoさんがねじり袋を私のために作られ、贈って下さいました

ねじり袋

古布の縮緬は、とっても高価なんです。
長い年月が生み出した、甘く優しい風合いに心が奪われます。
色の組み合わせがとっても素敵で、私の好みにピッタリ合っています~♪

上から見ても可愛い~♪

上から見ると、ピンクのお花が咲いているように見えます。
春が訪れたように、ほっこり暖かな幸せを感じています~

hinanoさんは、つるし雛の先生です。
ハンドメイドの達人で、ご自宅は素敵な作品であふれています。
次々と生まれる新作を是非見たいです。
PCの詳しい知識をお持ちなので、ブログを持たれる事を薦めていますが、
私に説得力がなく、実現していません~~;


 hinanoさん、とっても素敵な作品を有難う御座いました。
 大切に使わせて頂きます。
 hinanoさんの作品をもっと見たいと思うのは、私だけじゃありません。
 ブログの開設を期待していま~すよ~~

簡単ちらし寿司

桃の節句と言えば、ちらし寿司ですね。
そこで、超簡単ちらし寿司を作りました。
奥薗壽子さんの本「ラク!早!ごはん」を参考にしました。

簡単ちらしずし

具とお米をいっしょに炊き込んでから、すし酢を混ぜます。

具はニンジン(千切り)
  切り昆布
  乾ししいたけ(水で戻さずに手で細かく割る)

ごはんが炊き上がり、寿司酢を混ぜ合わせてから、
ちりめんじゃこと白ごまも加え混ぜて、
錦糸卵と塩茹でした絹さや、きざみ海苔をトッピングして完成です。

※私は厚みのあるどんこの乾ししいたけを使ったので、
 水で戻してからお米に入れました。
 細かく割ってから水に浸したので早く戻ります。

超簡単なちらし寿司でも、手作りのやさしい美味しさになりました^^


箸置きは清水焼で、お友達からのプレゼントです。

  清水焼の箸置き

とっても可愛らしく、季節感もあって本当に嬉しい贈り物でした。
○○さん、有難う~


今年の雛飾り

ブログのUPをサボり過ぎて、3日遅れのお雛様披露です。

去年作製したうさちゃん雛

去年の早春、hinanoさんに教えて頂いた縮緬のうさちゃん達です。
道具箱は銀座のアンティークモールで入手しました。
安価な物ですが、朱の房飾りがボロボロなのが、お気に入りです^^
燭台と屏風は浅草橋のまるぎんさんで調達しました。

可愛いでしょ~♪

ちかちゃん(チデジカ似から命名)が付けている簪も同店でゲット
とっても良く似合って可愛いですよねぇ~
お値段も笑ってしまうほど、可愛かったです

 橘 桜

何か手作りの物を置きたいと思って、図書館から借りた本を参考に
↑の橘と桜を作りたかったのですが・・・
絹の古布縮緬でなければ、ちかちゃん達とのつりあいが取れないので、
諦めました。古布を収集して来年は飾りたいなぁ~

お供え菓子

お供えの雛菓子は 山形県酒田市の小松屋さんの物です。
本来は注文後一年待ちお菓子だそうです。
注文してすぐに送って貰えたラッキーなお友達から半分譲ってもらいました^^

お雛様関連の記事、長くなるので明日に続きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。