サシェ完成

リボン刺繍を練習するために、サシェを作りました。

表

転写は百均箱リメイクの時に余った物を使って。

ズーム

レースの花の上に付けた淡水パールは米粒ぐらいの大きさ。
穴が小さすぎて、みすやのビーズ針が通らない
針から糸を抜いて、糸にビーズを通して、その糸を針に通して縫う。
私は初めての経験です。
アンティーク・ビーズを使っている人達は、凄い作業をしているのねぇ~
パールのビーズ付け10個だけで、良かったわ(*^ー゚)v

レースをチョキチョキ

レースは好みの所を切り取って、縫いつけました。

裏です

裏は香りがこもらないように、今回もチュールレースにしました。

参考にした本

↑今回参考にした図書館から借りた本

薔薇はスパイダーウェブローズ ステッチをしました。
以前にこのステッチは教わった事がありますが・・・・
外側になったら、軽くリボンをひねるコツは教わらなかったのかなぁ?
それとも私が聞いていなかったの~?
この本のお陰で、ふんわり可愛い薔薇になりました。


   レースは今日の午前中に発送しました。
   該当の皆様、到着まで暫くお待ち下さい。



スポンサーサイト

レースの店「ほりこしさん」からプレゼント

7月下旬、ほりこしさんのお店をブログにUPしたので、
承諾は得ていましたが、内容に不都合があってはいけないと思い、
記事をコピーして、ほりこしさんにメール便で送りました。
ついでに、どうしても欲しいレースがあったので、
返信用の封筒に代金を添えて、同封・・・
小口の注文でお手数をかけるのが、心苦しかったので、
ほりこしさんのレースで作ったサシェも入れてお願いしたら、
サシェやブログ記事の丁寧なお礼状(便箋6枚)を頂きました。
夏休みが終わったら、私が希望したレースと私が好きそうなレースを、
全力で捜し、送って下さるとも書かれていたので・・・
「お気持ちだけ有難く頂きます。
お手隙の時に、私が希望したレースだけ送って下さい」
といった内容のはがきを送ったのですが・・・
土曜日に大きなダンボール箱にいっぱいのレースが届きました。
高価な物や貴重なレースもあり、
あの煮るレースもたくさん入っていました。
煮るレースは昨日、まる一日かけてほとんど処理しました。

少し残しておいた理由は、
レースを煮る体験をしたい方に、
提供したいと思ったからです。
先着8名様に、少しですがプレゼントします。

プレゼント用の煮るレース

↑がプレゼント用の煮るレース、2種類です。
上段を煮ると、下段になります。

処理方法は、簡単です!
鍋にレースと水を入れて加熱します。
水が沸騰したら糊が解けて、約10秒後にはレースの形になります。
(鍋の水は少しとろみが付きますが、不純物が浮いたりはしません。
 鍋に汚れがこびり付いたりもしませんでした。)
レースを鍋から取り出して、軽く水洗いをします。
やわらかい風合いに仕上げたい場合は、柔軟仕上げ剤につけ込みます。
その後、私は乾いたバスタオルの上に乗せて、形を整えて乾燥しました。

プレゼントの内容です。
煮るレース 細いレース 1.1メートル
  〃    太いレース 80センチ
処理済みのレースも4~5本、贈らせていただきます。
本当にお裾分け程度です(*゚.゚)ゞ

応募方法は、
コメント欄で
1 応募の旨、ご記入下さい。(ハンドルネームを使用)
2 1を投稿してから
  鍵コメントで送付先の郵便番号・住所・氏名をご記入願います。
  管理者にだけ表示を許可する項目にチェックを忘れませんように!

先着8名様に達しましたら、募集は締め切らせて頂きます。

個人情報の流出を防ぐため、
個人情報の鍵コメは、管理人が確認後に削除します。

ご応募、有難う御座いました。
定員に達しましたので、募集は締め切ります(PM12:20)
涼しくなったら、またほりこしさんに行きます。
煮るレースを入手出来たら、またプレゼント企画をします。
どれくらいの方が、興味あるのか知りたいので、
次回は応募したい、というコメントを頂けると参考になります。

応募に参加された皆様へ
レースの発送は今週中に致します。
暫くお待ち願います。

ミニソーイング・ボックス完成~

百均の箱をカルトナージュ風にしたいと思って、
布やレースを使ってリメイクしましたが・・・

全体像

デコり過ぎ~
ソーイングボックスというよりも・・・
安物の宝石箱 ・・・(゚_゚i)タラー・・・
蓋に付いているハートは、ピンクッションです。

上から見ると

ピンクッションはマジックテープ付きなので、着脱できます。

両サイドにはエンジェルの転写

両サイドにはエンジェルの転写をアップリケしました。

扇は元ボタン

正面に付けたプラスチックの扇は、
ヴィクトリアン・ボタンでアソートに入っていました。
これは絶対に出番のない材料だと思っていたのに・・・(*^ー゚)v
糸を絡める足の部分を、ペンチでカットして、
グルーガンでペタンしました。

中

蓋は後を繋いで開閉出来るシェルスタイルにしたかったけど、
サイドがカーブしているから、蓋がスムーズに動かない (-"-;)
已む無く、予定変更

この箱をソーイング・ボックスにしたかったのは、
デスクスレダーが、縦にすっきり入って、
ちょっとちくちくするのに便利かなぁ~と思って

コンビネゾン・キュロット完成

【蔓薔薇人形館】生まれのミニョネット
6月21日にドルフェス経由で嫁入り・・・

カトリーヌです

あれから2ヶ月近く経過して、
やっと下着を一枚、作って貰い、
名前をカトリーヌと名付けてくれました(´▽`) ホッ

この下着はコンビネゾン・キュロットというらしいです。
カノーちゃんが「ジェニーのアンティク風ドレス」の本を
図書館から借りて、それを参考に作ってました。

次はこの上に着るドレスを作ってくれるのかなぁ~と思っていたら・・・
私の後ろにある百均の箱を、
カルトナージュ風に変身させたいようなの~

ドレスは注文したドール用の家具が届くまで、おあずけだってぇ~(-"-;)


私のクッション~♪

めぐみちゃんはハートのクッションを作って貰ったと喜んでいるけど・・・
めぐみちゃんのじゃないのよ!

いったい何?

ドルフェスでゲットしたアンティーク・レースのアソートに入っていた
ハートのモチーフで作ったこれは・・・・?
カルトナージュ風ボックスに関係があるらしいわぁ~


Theme: ドール | Genre: 趣味・実用

フェリシモのキルト(8月分)

お花畑のロマンティックキルトは【アルバムローズ】

アルバムローズ

中央のシャドーキルトは、指定よりも、
キルトラインをたくさん入れた。
指定は花だけ、しかも外側の輪郭を一周(ToT)


華やぎポーチの会は【レースのきんちゃく】

レースきんちゃく

ひもは細いブレードで、お洒落だけど・・・すべりが悪い(-"-;)
ひも先のチューリップと口布の境に付けたレースは、ほりこしさんの物~♪

白から生成りのレースへ

白いレースをアクリル絵具で、生成り色に染めてみました。
淡い色にしたので、画像では分かりにくいですね(・・。)ゞ
今回、使用した絵具はデルタ社のセラムコート、
色はスパイスタン(318-2063)
染め方は前回(7/31日付けブログ)と同じです。
コーヒーで染めるよりも、自分の理想に近い色に染めらたと思います。