こうの早苗さんの講習

1/21日、キルトフェスティバル会場で、こうの早苗さんの講習を受けた~♪

こうの早苗さんの作品

講習を受けた作品は、ビーズクチュールのきんちゃく
↑はこうの先生の作品、写真の撮り方がまずかった(・・。)ゞ  
実物はもっと素敵!

巾着のキット

↑はキットの布とレース、裏布も素敵~♪

講習は、2時間半と短時間なので、
ビーズ刺繍の練習と、きんちゃくの製作方法の講義で終了。

購入したビーズ刺繍の道具

ビーズ刺繍は、普通の縫い針を使用すると思っていたが、
ターンフープ(机に固定する刺繍枠)に布を張り、
専用の針を用いてビーズ刺繍!
使いこなせたら、縫い針を使用するよりスピ-ドアップ出来る。
裏糸はチェーンステッチなので、ビーズがしっかり付く。
ただし、チェーンがはずれたら、付けたビーズも連鎖的に解ける(-"-;)
一筆描きのように、繋げてビーズを付けるなら、早く出来るが、
飛び飛びにビーズを付ける場合は、縫い針を使用した方が
早く綺麗に出来そう。
こうの先生は、「専用の枠や針を購入しないで、
縫い針でビーズをつけても良い」と言われたが、
新しい物好きな私は、買わずに済まされなかった(・・。)ゞ
使用する糸は、ミシン糸でも良いのだが、専用の糸(金・銀)を使うと
ビーズに輝きが増す~♪

終了したビーズ刺繍2


終了したビーズ刺繍1

前と後のビーズ刺繍が終わって。。。。
さて、これからどうしよう~
きんちゃく素敵なんだけど、たぶん使わない(ー。ー)フゥ
ポーチにしようか、考え中!


スポンサーサイト

再びキルトフェスティバルへ

月曜日は、こうの早苗さんの講習会が第1目的で、東京ドームに行った。
講習会の詳細は、後日UP(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!

今日の記事は、私が楽しく見れた作品。

↓はクリックすると拡大写真が表示されます。
おはり箱

グループキルトで愛知県の16人が作成した【おはり箱】
ドールハウスを見ているよう~♪
周りのラティスが箱の形になっている(゚ー゚)(。_。)フムフム

おはり箱-1

このお部屋は、大正それとも昭和初期のイメージかなぁ~

おはり箱-2

これは、現代だよねぇ~スーちゃんのタペ可愛いネ(笑)

おはり箱-3

小さなティディーベアー、壁に掛かっている絵はクロスステッチの額、
芸が細かい~w(゚o゚)w オオー!

おはり箱-4

扇風機とペンダント式電球が可愛い~♪
綺麗に整頓されたお部屋だね! あれぇ~箪笥の上に車のハンドル!!!
と、一瞬思ったけど、キルト用のラップフープだわぁ~(・・。)ゞ

各パーツを繋いでいるラテスに、下駄やサンダルなど付いてユーモラス~
私が審査員なら、この作品をグループ部門の大賞に選んだかも。

↓はクリックすると拡大写真が表示されます。
ルンルン気分でお買物

これもグループキルトで、茨城県の9人が作成した【ルンルン気分でお買物】
子供の頃になりたかったお店を作ったそうです。

ルンルン気分でお買物-1

こんなお店なら、大人になってしまった私でも、オーナーになりたいなぁ~(笑)

↓はクリックすると拡大写真が表示されます。
津軽よりキルトに愛を込めて

これもグループキルト
青森県の163人で作られた【津軽よりキルトに愛を込めて】

津軽よりキルトに愛を込めて-1

小さなサンプラーキルトを、ヨーヨーで繋ぐと大作になるのねぇ~

グループキルトは、皆のアイディアが詰まっているから、見ていて楽しい~♪
それに同じ趣味を共有する人達の絆が、伝わって心が温まる。

私の場合、大作のタペ製作は一生涯無理なので。。。
フェスティバルに出展されている作品では、バック部門に一番興味がある。

お気に入りのバック

個性的な作品が多い。。。
私は、この作品が、シックで一番好き
画像は分りにくいが、六角形のピースが薔薇のよう~

キルトフェスティバルへ~♪

昨日、東京ドームで開催されたキルトフェスティバルに行ってきた。
一般のチケットを持っている人達は11時からの入場。
初日に行くと、長蛇の列。
入場するのに1時間程かかった経験があり、近年は初日は避けていた。
今年は、ネット友のRicoさんが、オープニングセレモニー・チケットを入手し、
1枚のチケットで、2人入場出来るので、
いっしょにどお?と有難いお誘いがあったので、便乗~
10時に並ぶ事もなく、すんなりゲートイン(*^ー゚)v

まずはキルト大賞を見に行った。
早くも、ここには人だかりが~

キルト大賞

キルトの題名「のはら5丁目3番地」
多数の人々がアップリケされている作品で、
画家や音楽家がいる、このシーンに、私の心は引き付けられた。

次に見に行ったのは、キルト作家さんの作品展
今年のテーマは「太陽」「月」「星」
最初に、私が大好きな「こうの早苗」の作品を捜した

こうの早苗さんのキルト

こうの早苗さんは「太陽」のテーマ作品
中心はピースワークなしで、朱色の更紗にキルトワーク。
外側は生成りレース布のヘキサゴン。
縁は繊細なレース。
いつもと作風が、違うので驚いたが、針目の美しさに心が奪われた。

吉田恵子さんのキルト

「月」をテーマにした吉田恵子さんの作品(ミシンキルト)
幻想的で美しい!京都の桜かなぁ~

園部美知子さんのキルト

「星」は園部美知子さん
ヴィクトリアンの個性的な布を使っているけど、
スッキリとまとまっているわ~

パートナーシップキルト

今年のパートナーシップキルトは「ティータイム」
約8300枚あるらしいが、今の私が注目するのはスーちゃん ( ̄m ̄*) ププッ

三浦百恵さんのキルトは撮影禁止!
ヘキサゴンのパターンと、キューピーさんのアップリケ、
すご~く、キュートだったなぁ~


  Ricoさん、楽しい時間を、有難う~!

お弁当箱じゃないの!

今日はブログを2度UP~o(@.@)o
スーちゃんといっしょの記事にしようと思ったが、
色彩があまりにも違いすぎたので(笑)

↓の小箱は、ニスを塗ったら完成!
ニス塗りが終わった作品は、光が反射して写真を撮りにくいから、本日撮影。

完成したトールの小箱

メインのデザインは、すぐに決定!
私が、すぐに思いつくデザインは、ワンパターン・・・
大きな薔薇が二つと葉、それに空間を埋める小さめの花(笑)
上蓋の縁飾りは、思いのほか苦労した(ー。ー)フゥ

before

これが最初に描いた物。
描く前は、可愛らしくなるだろうと想像していた。
上のデザインと統一感を出すために、花の色を考えたはずなのに~
これは、幼稚で品がない(ノ_-;)ハア…
メインが派手なので、シンプルにすべきだった!

苦労した縁飾り

こちらが、修正した作品。
ブルーとグリーンの中間色を、透明感を出して塗り、
ラインを加えた。
写真では、縁の色が実物より明るく写っている(>人<)
この色を作るため、絵具を4色混ぜた。
こだわりの色なのに(;≧皿≦)。゜°。ううううぅぅぅ

スーちゃんのカフェマット

2枚目が完成した\(@^0^@)/

スーちゃんのカフェマット2枚目

このキルトラインは、初めて挑戦!

    緊張したキルティング

この通りに、キルトラインを書き込むのかと思っていたが。。。

    キルティング方法

全体に1㎝角の格子を書き、3cm縫ったら1㎝間隔を空けて3cm縫う。
一箇所でも狂ったら、キルトラインが乱れるので、緊張した・・・(゚_゚i)タラー・・・
これのマットを先に作ったら、1枚目のマットは楽勝で出来たと思う(-ι_- ) クックッ


今年は

年末、年始が慌しく過ぎ、一ヶ月近くもブログをアップしなかった(・・。)ゞ テヘ
今年の初ブログなので、ブログタイトルの内容を全部掲載する事に~

まずはパッチワーク

完成したカフェマットー1

昨年末に、手掛けたスーちゃんのカフェマットは、4枚セット内
完成したのは1枚だけ(;^_^A
アップリケは楽しかったけど。。。
ピースワークのない地味な布に、キルティングをするのは退屈!
まるで、雑巾を縫っているよう~ププッ ( ̄m ̄*)

      ヨーヨー部分

コーナーに付けたヨーヨーの花は、しぼり加減が難しかった。
左のヨーヨーは、ふっくら可愛らしく出来たかも~

去年はパッチワークに夢中で、トールペイントはほとんどしなかった。
今年は両立したいと思い、年明けに白木の素材を4種類、地塗りした。

ベースを塗り終えたトールの素材

最初に手掛けたいと思っているのは、お弁当箱に似ている↑の小箱。
多種類のパッチワーク用シンブルを、入れても良し
針のストックを、キープして置くのにも良いよねぇ~♪
今年は、トールも頑張ると言いながら・・・
一番目はパッチワーク絡み(*´pq`)クスッ

クッキング・・・お披露目するほど豪華な御節は、作らなかったのでo(- -;*)ゞ
御節の残りを利用して作った、ちらしずし

ちらし寿司

すし飯に、煮物の残り(ごぼう・人参・椎茸)をみじん切りにした物と、
白ゴマをたっぷり入れて、混ぜ合わせる。
トップイングには、酢レンコン(これも残り物)・錦糸玉子・絹さや・
蟹のむき身は、レモンの汁をかけて、軽く水分を絞ると爽やかな味に~♪

ブログに遊びに来て下さる皆様へ
ボチボチとマイペースでUP致しますが、今年もよろしくお願い致しますm(__)m