スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチョンマットが完成

最初、マットのサイズを決める時、リギュラーサイズは大きいなぁ~と思い、
黒塗り盆(和風レストラン等で使用されている)の大きさに決定。
いざ完成してみると、予想外に小さく見える(TωT)

07/4/30-1

↑は、こんなはずじゃなかったランチョンマット(笑)
小さいだけじゃなくて、縁のバイヤステープがウルサイ!
気に入らないと、せっかくの作品も使わないと思い,修正する事にした。

07/4/30-2

悪戦苦闘の結果が↑、これならシミが付いても、愛着を持てそう(^ー^* )フフ♪
縁のスカラップ仕上げは初めて挑戦したので、上手じゃないけど。。。
ハートのキルトで可愛さUP~
5年前に購入した、山口れいさんのミシン刺繍カードも初めて使えたので、大満足~♪

スポンサーサイト

デコレーションのしすぎかなぁ~

07/4/25-1

バラのアップリケ付き、ホワイトキルトが完成 \(^∇^)/

07/4/25-2

斜めのキルトラインが揃っていないので、視線を他に向けるために、
蝶々のレースやビーズ、ブレードをプラスしたけど、ちょっと飾りすぎたかも~
エンジェルのチャームも付けたかったけど、それは絶対ヤリ過ぎ(笑)

先日UPしたランチョンマットも取り合えず完成したが。。。
縁が気に入らないので、今日お直し予定~
でも、簡単料理の写真を撮ったので、断片をちょっとだけご披露(゚ー゚)ニヤニヤ

07/4/25-3

【旬の新たまねぎ入り、蟹マヨ】
材料
蟹のむきみ(毛がにがベストですが、蟹カマでもOK)
きゅうり(少し太め目の千切り)
新たまねぎ(薄切り)
いりごま
塩(少々)マヨネーズ(適宜)
材料を切って、混ぜるだけの簡単料理です。
塩の代わりに、しょうゆとわさびを入れると大人の味になります。

早業?

パッチワークのランチョンマットを早く作りたい!
汚れるので、あまり時間をかけたくない。
でも、一目で簡単そうに見えるのもチョット。。。
シンプルに見える物は難しい、誤魔化しが利かないし、
センスが如実に表れるから~
Flying Geese(飛び交うがちょう)のパターンに決定。
大小168枚の直角三角形のピースを使うから、
普通のパッチワーク工程で作るとしたら、布に印を付けて、
切るだけでも一日仕事。
07/4/20-1

布に印を付けずに、ミシンでピースワークをすることにした。
さて、中心をどうしようかなぁ~

この画像を見て、布に印を付けずに、ピースワーク???
興味が沸いた方は続きをどうぞ

やっと完成~♪

自分でデザインしたレターラックが今日、完成\(@^0^@)/やったぁ♪
07/4/18-1

これは正面

07/4/18-2

正面のアップ(*゚.゚*)ポッ

07/4/18-3

これが側面、最初の構想では、紫のブーケの予定だったが、
色のバランスが正面とつり合わなかったので、変更した。

07/4/18-4

後面、こんな風にするつもりは、さらさらなかったのに・・・
バックグランドにグラデーションを入れる時、何色にしようか悩んで、
人目に付かない裏で試し塗りをした。
画像では判別出来ないが、4色で試して、3色は消すつもりでいたが、
「このままでも面白いかなぁ~」
「この次に迷った時の参考にもなりそう~」
なのでカラー見本として、この状態にした。

私のHPで、この作品を使って、トールペイントの製作過程や使用道具などの説明をしています。
興味のある方はhttp://homepage3.nifty.com/tolepainting/tolepaint.htmにどうぞ~

力仕事は苦手

タペストリーにトラプントを始めた。
トラプントには、綿とコード、または毛糸を使用する2種類の方法がある。
綿は詰めても、詰めてもなかなか膨らまないから、作業が大変だと聞いたので、

07/4/17-1

私は極太毛糸を使用。
しかし毛糸の方は、布から針を引き抜く時、思いのほか力がいる。
はみ出ている毛糸を、布に入れ込むのも一仕事(汗)


07/4/17-2


中央の図柄と端の一辺を終了した時点で、右の親指がちょっと痛い!
このまま続けたいけど、少し中断しよう(涙)


予定達成ならず

今週中に仕上げたいと思っていたトールの作品、
パッチワークにハマって、来週に持ち越し~(汗)

07/4/14


後一歩、残念~
来週は何が何でも完成させよう!

おもいっきりカントリー

薔薇やモアレの生地から離れて、カントリー調のショルダーバックを完成させた。
最初は新鮮で、可愛いと思いながら作っていたのに。。。
厭きたと言うより、船酔い気分()´д`()ゲッソリ・・・

07/4/12

最後の仕上げはファスナー飾り。
嫌気が差して、省略しようと思ったけど、やけのやんぱちで作り、付けてみた。
単なる飾りだと思っていたが、ファスナーの開閉が、
スームズになり驚いた w(゚o゚)w オオー!
肩紐は在庫を付けたので、色が濃すぎるから、近々探しに行こう。
ぴったり合う肩紐が見つかった頃には、船酔いも治っているはず(笑)

このバックはチャリに乗って、スーパーに行く時など重宝しそう~♪

いよいよトラプント~♪

春ですねぇ~♪



出窓の下で、苺がこんなに花を咲かせています。

07/4/11-2

ホワイトキルトは、やっとキルトワークが終わり、
先日、先生からトラプントの手法を教わった。
パッチワークを始めた頃、トラプントトランプトと黙読して以来、私の脳はトラプントの活字を見てもトランプトとしか読めなかったo(- -;*)ゞ
単なる思い込み?
それとも、脳内年齢の高齢化(p_q*)シクシク (p_・q) チラッ ウソナキィ
右脳ゲームここをした時に赤ちゃん並の結果を出したことがあるので、
高齢化は考えにくい( ̄∀ ̄*)イヒッ

トラプントを始める前にブルーのラインは消した方が良いと教わったので、
今日は水に浸けてラインを消し、今は乾燥させている。
ブールのラインが消える瞬間は、ワクワクした。
明日から、トラプントが出来る~♪

やっぱりレースが好き

先日、掲載したゴミをかき集めて作っているバックは、柴田明美先生のデザイン。
オリジナルは、両サイド繋ぎ目なしだが、
私のはハギレで作っているからピースが増えている。
柴田先生のバックはアースカラーに徹して、挿し色はいっさい使っていない。
アップリケの花びらも渋い色合いのチェック柄、
めちゃカントリーでも大人の雰囲気のバックだ。
私も年齢的には大人なのに、好みは大人になりきれないようで、
アースカラーの中には赤の挿し色が欲しい。
作っていく過程で、どんどんデコレーションしたくなる。

07/4/10

オリジナルはシングルのフェザーステッチをする場所に、レースを付けたくなった。
しっくり合うレースがなかったので、生なり色のレースをコーヒー染めた。
上部スカラップの境目は、バックステッチのみの仕様だが、フレンチナッツを付けてみた。レースのピコットのイメージにしたかったが・・・
ちょっと乱れてしまった(ToT)ゞ
早く、完成したいが、やりかけの仕事が山のようにあるm(_ _"m)

地球に優しいパッチワーク

アパレルメーカーの企画室で勤務する妹が、不要になった洋服用のサンプル布を、段ボール箱一つ分位貰った。
それを宅急便で、自宅に運んだと聞いた時は、送料が惜しいと思ったが。。。。

07/4/8-2

産業廃棄物(ゴミ)として焼却される運命だった布達。
大きな布は25㎝角、小さな物は10㎝角位で、色々な素材や柄、見ているだけでイマジネーションが広がり楽しい~♪
ゴミをあさって、茶系の布を貰ってきた(笑)

07/4/7-4

↑はショルダーバックになる予定。
赤いチェック柄は数年前にスカートを作った残布。
左下のチェック柄はブラウスの残布。
それ以外は全てゴミ~(爆)

07/4/8-3

ブラウスの残布は色が白っぽいのコーヒで染めた。

完成したら可愛くなりそう~♪

来週の目標

トールペイント、来週中に↓を完成させたい。

07/4/7-1

私のデザインで描いているレターラック。
薔薇はふんわりしたカップ咲きのイングリッシュ・ローズのイメージで描きたいが、
ふわふわ感やカップ咲きが上手に表現できずに筆が止まっている(>人<)
どこが悪いのか、分っているが、技術が伴わないρ(-ε- )イヂイヂ
もう少し頑張って、ダメなら妥協しよう。

07/4/7-2

妥協できないのは、薔薇の蕾、これは蕾じゃないわぁ~
紫の花もふわふわした感じにしたいのだが、これも今一だなぁ~

07/4/7-3

紫の花をイメージ通りに描けたら、サイドも描ける。
この作品が完成したら、私のHPから工事中の表示を消すことが出来る~♪

来週のトールペイント、目標は決まった!
今日は天気が良いので、ガーデニングが終わったら、
パッチワークをして遊ぼうかな~
トールは火曜日位から頑張ろうヾ(~∇~;) コレコレ

手鏡完成~♪

今週中に完成させると、このブログで宣言した、手鏡が完成した。
ノンビリ屋の私でもやれば出来るのだぁ~v(≧∀≦)vうれし~
頑張れたのは、このブログ宣言のお蔭~♪
今後、おおいに活用しよう(笑)

07/4/4-1

これが鏡の裏面
デザインは岡紗裕実先生
※ 著作権上、転写は堅くお断り致します。

07/4/4-2

アップのサービス(笑)
この薔薇は、こちらから見た方が、上手そうに見える(゚ー゚)ニヤニヤ


07/4/4-3

持ち手の薔薇はどこから見てもNG(;^_^A アセアセ・・・
小さな薔薇は難しい、まだまだ修行が足りないわぁ~
トールは思うように描けないので、ストレスが溜まる。
楽しみは、作品の構想を練っている時と完成した時の達成感~♪

明日は、リフレッシュ日にしよう!
銀座でショッピングをして、美容室で散髪、
夜は久々に友達が集うお店で遊ぶぞぉ~o(^o^)o ワクワク


スパンコール刺繍に魅せられて

以前、パッチワークはキットを購入したり、本を参考にして作っていたが、
パッチワークにスパンコール刺繍を施した、先生の作品を見たのが、
お稽古に通うきっかけになった。

07/4/2-1

これは、スパンコール刺繍を使った第2作、通帳入れ。
ゆったりサイズで10冊入れても余裕がある。
先生が考案された物は、ファスナーは付いていなかった。
ファスナーを付けると、ポーチとしても使えると思い、私はファスナーを付けた。
しかし、綺麗なので、もったいなくて使えない(*´pq`)クスッ

07/4/2-3-6

このビーズ飾りも私のオリジナリティというか、こうの早苗先生のマネッコ(笑)
今年のキルトフェスティバルで、こうの先生のショップで売られていた、ポーチのキットにビーズタッセルがこのように付けられていた。
初日だったのに、そのキットは完売(涙)
凄く未練があったので、その雰囲気を再現してみた(^ー^* )フフ♪

この記事を読んで、スパンコール刺繍に興味を持たれた方に、
八重の花の刺繍方法を簡単に紹介します。
使用するビーズは、デリカ又は丸小ビーズ18粒、パールビーズ1粒。
スパンコールは6㎜亀甲形12枚(画像は分りやすいよう色を変えているが同色でも可)

07/4/2-3

① 土台布に11㎜の円を写し、円を6等分した位置と中央に印を付ける。
②糸は二本どり、結び玉を大きめに付け、円周印の一箇所の裏から針を出す。
③ スパンコール1枚、ビーズ1粒、スパンコール1枚、ビーズ2粒の順番で針に通す。
 ※ スパンコールを針に通す時は、裏面から拾う
④ 針を中心印より少し短い位置(赤印の位置)から裏に入れ、糸をしっかり引き、
 スパンコールが表向きになるよう調整する。
07/4/2-4

⑤ ③④の作業を繰り返しすが、右回りや左回りにパーツを付けるのではなく、
  対角に付けた方がしっかり付き、作業もしやすい
07/4/2-5
最後にパールビーズを中心に付けて、完成!
見た目よりも簡単です~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。