スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人形作成

つるし雛の先生をされているhinanoさんから、
素敵なお人形とそのお材料を頂いたので、私も作りました。

↓頂いたhinanoさん作のお人形、雛ちゃんです
  ※ 顔は私が描きました(//>ω<)

かわいい~ぃ

お人形の詰め物以外はすべて絹です。
高価な古布の縮緬の着物を着ていますo(^▽^)o

雅な香がする雛ちゃんには、
鎌倉の天薫堂のにおい袋が添えらていました

素敵!  後ろ姿も可愛いすぎ^^

前と後ろの立ち姿も、凄く可愛い
古布の呂で作られた団扇もhinanoさん作です^^


私の人形は、hinanoさんが下さったレシピと
実物をお手本にして作りました。

総裏付きの着物は、自己流で作成出来ないと判断して、

借りた本

図書館から本を借りてきました。

右の本は略式で作る着物ですから、比較的に簡単に作れそうです。
羽織りや袴なども掲載されているから、着せ替えが楽しめると思いました。

私が参考にしたのは左の本 
「やさしい お人形さんの着物」・・・・タイトルに偽りを感じます(;д;)
作成に取り掛かる前日、一日費やして読んでもチンプンカンプン
とても丁寧な説明や解説は◎ですが、工程写真が不親切!
濃い色の布で同色の糸を使い、
裏の裾回しも表布と同じ物を使って説明(*`へ´*)
もっと分かりやすい写真が載っていたとしても、
総裏の着物仕立てはパズルのように難解でした。

私作の人形

着物仕立ての難易度にすっかりハマって(笑)
3枚仕立て、お人形2体は後で作りました。

座っている子が長女の初子ちゃん、
初子ちゃんの着物はhinanoさんに頂いた古布の縮緬でつくりました。

右後ろは次女の次美ちゃん、この子だけ顔に眉毛があります。
まるい鼻も描いたのですが、大失敗(>_<)
鼻は白い絵の具を塗って、隠しましたがよくみると痕跡が(T_T)

左は三女の末子ちゃん
この子の着物は以前、はんなりさんから頂いた古布で仕立てました。
末子ちゃんは、私の作成疲れが顔に表れていますね(笑)

床の太鼓は、初子ちゃんの着物の端布で作っています^^

記念写真

みんな同じ型紙で作られた子なのに、個性があります^^
全員詰め物以外はシルク製なので、触った感触がとても良いです。


hinanoさんへ
良いお手本を頂けたので、お人形作りと着物の仕立ても楽しく出来ました。
お蔭様で宝物がまた増えました。
可愛らしくて素晴らしいお材料でつくられたお人形さんを、有難うございました。
いつまでも大切にいたします。








スポンサーサイト
Theme: ドール | Genre: 趣味・実用

巾着形のミニ裁縫箱

昨年、hinanoさんから頂いた作品をお手本にして

  ミニ裁縫箱

巾着形のお裁縫箱を作りました。
hinanoさんの作品はこちらの記事で見る事が出来ます。
私の作品は、黒い布だけシルク(着物の端布)を使いました。
他は手芸店で簡単に入手出来る化繊の縮緬で作ったので、
hinanoさんの作品に比べると著しく品格に欠けます(~_~;)
でもそれなりに可愛らしい出来上がりだと、自己満足しています^^

喜んで貰えますように~

巾着のヒモを解くと、ピンクッション
その下は、糸やシンブルを入れられる小物入れです。
でも・・・なぜ中に金平糖が?
アメリカ人の女性にプレゼントするので、
可愛い日本的なスイーツを入れて見ました(^m^)
夫が持って行くまで1ヶ月間あるから、中身は替わります^^


小さな~小さな~巾着完成^^

古布の縮緬で桜と橘の巾着を作りました。

桜と橘の巾着

個袋に入った飴が2個入れられるサイズです。

2年前 お雛様をアップした時に↑を作りたいから、
古布の縮緬を収集したいと、ブログでつぶやいたら~
すぐにhinanoさんが結び紐までセットして、布を贈って下さいました。
本に作り方が掲載されていたのですが・・・
説明が非常に簡素で????
自己流がいっぱいの作品ですが、上品な布に助けられて
ほっこり癒される作品になりました。

今年の雛飾り

hinanoさんに教えて頂いたウサギのお雛様、
少しだけでも飾りが増えて、嬉しそう^^

本当はウサギさんより私の方が嬉しくて、
ひな祭りの歌を口ずさんでいます^^
ブログを介し良い出会いにたくさん恵まれて、
手作りの幅も広がり、楽しい日々を過ごしています

 hinanoさん有難うございました
 小さい作品ゆえに難易度が高くて、なかなか着手出来ませんでしたが、
 可愛いお気に入りが一つ増えました~♪



三角形の巾着ポーチ

先日、プレゼントして頂いた三角ポーチをブログにUPしたら、
hinanoさんが和布で以前に作られたポーチがあり、
ヴィクトリアンでも挑戦してみたいとコメントいうを下さいました。
完成品の写真をお願いしたら、送って下さいました。

縮緬のポーチ

縮緬のポーチもやっぱり素敵ですね
手に取ったら、優しくしっとりと馴染むと思います。

ヴィクトリアンの表

↑はヴィクトリアンのホーチ
雰囲気はガラットかわりましたが、こちらもス・テ・キ
鎌倉cottoで教わったリボン刺繍を施されたそうです。

ヴィクトリアン裏

↑は後ろです。
縫う前のクレジーキルトの形は?
パズルのようで楽しいです^^

私も三角ポーチをチクチクしています。
今はリボン刺繍の最中です^^
プレゼントが出来るレベルに仕上がったら、
ブログのプレ企画をしたいと思っていますが・・・
どうなることやら~~~

巾着型お裁縫ケース

昨日は鎌倉cottoに行ってきました。
たくさん素敵な人や物との出会いがあって、
楽しく幸せな一日でした

悔やまれる事はただ一つ
嬉しくて舞い上がっている時に、
hinanoさん(つるし雛の先生をされています)からプレゼントを頂いたのに、
その場で中を見る余裕がありませんでした。

実物はもっと、もっと素敵!

↑こんなに素敵な作品が入っていました。
古布の縮めん(とっても高価)で作られています。
皆様に鑑賞して頂きたかったわぁ~(>_<)

写真で実物の素敵な風合いや色を再現できませんが、
私の新しい宝物を見て下さい。

こんな仕掛けが^^

巾着の紐をとくと、針山が現れます^^
左のつまみを持ち上げると~~

まだ何も入っていないわぁ~

針山がパカッと開いて、糸や小はさみを入れられます。

細部まで可愛い~♪

紐の先まで可愛いです。

こんなに素敵な作品を、
手にとり見て貰えなかったのは、本当に残念でなりません!


hinanoさんへ
 素敵な作品をプレゼントして頂き、有難うございました。
 たいせつに、大切にいたします。
 今日はこれまで頂いた作品の数々を勢ぞろいさせて、
 見入っていました。
 温かみがあって、ほっこり幸せな気持ちに浸っています^^







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。