shop用作品のつもりだったのに・・・

ファスナーを開いたら自立するペンケースを作りました。

スタンド型ペンケース

ある手芸店でレシピ付きキットが売られていました。
そのキットの布は私好みではなかったのですが、
レシピと使用している接着芯等に興味があったので購入しました。

レシピには、底部分のバイアスの始末を、
詳しく解説されていませんでした。
最後の仕上げで躓き、
同じタイプのペンケースの作り方をネット検索していたら・・・

この形のペンケースはコクヨが特許を取得しており、
商品化は許していないとの事です。
個人使用目的で作ることは認めているようです。
特許内容は【ファスナーを開けたら立つ】だそうです。
↑は私が確認した事ではなく、
あるブロガーさんがコクヨに確認した内容との事です。

そんな訳で、shopには出せず、自分用に使います。
私はペンケースではなく
拡大用グラス「ハズキ」置きとして使いたいと思っています。

ファスナーを開くと~

私が使うには可愛い過ぎますが、
実用的だから良しとします^^
スポンサーサイト

Dreamers marketに出品①

ビーズステッチのビオラを作りました。

ビーズのビオラ

ビーズの色を変えたビオラ6個
透明袋に入れて封をした状態で写真を撮ったから、
綺麗な写真になりませんでした(T_T)

ビーズステッチは、間違えたら解くのが大変で、
緊張して作るせいか、長時間編んでいると背中が痛くなります。
そんな訳で、今回は↑の3セットのみ販売致します。


   ↓昨年販売した布のビオラ

   昨年の布ビオラ

今年も5セット用意いたします。
でも、販売価格はUPします(T_T)
\500単位で価格設定した方が、会計がスムーズなので、
考慮して貰いたいと言う要望がありましたので~

今年の布ビオラ

昨年と同じ物を値上げするのは、心苦しいので、
少し見栄え良くしました(笑)

ビーズのビオラと同じ台紙にセットしました。
台紙は手持ちのアンティークカードを素に、
一部画像削除などの加工をして、
半光沢ハガキ用紙に印刷しました。


  アクセス

1day shop

手作りの仲間9人で1day shopを開催します。

ご案内

アクセス

販売する物は、布花・アクセサリー・ドール・バッグ・布小物など
全て手作りの作品です。
↑はyumehonokaさんが撮られた写真ですが、
出品者達の作風のイメージを捉えていると思います^^
写真の中に今回販売される作品が4点写っています^^

昨年は小さなshopにかかわらず、
沢山のお客様にご来店頂き、有難うございました。
今年も沢山の方がお出かけ下さいましたら、幸せです。
shopの向いの九品仏浄真寺参道の桜も美しい頃で、
おしゃれな街「自由が丘」散策も楽しめると思います。

先月末に私の作品をショップで入手された方にお会いしました。
小さながま口を薬入れにして、携帯されているそうです。
「今年も同じような作品をショップに出しますか?」
と尋ねられました。
私の拙い作品を、大切に使っていらっしゃるのを見て嬉しく思い、
がま口をshop用に色違いで3個作りました。

がま口と針山

がま口の後ろにあるのは、
アンティークレースを使ったピンクッションです。

レッドワークのクレージーキルト

配置がやっと決まりました。

キルトトップ

平凡な日々を送れるって、幸せな事だと思います。

平和と平穏を願いながら、針を進めていきます。

新しいミシン

刺繍機能付きミシンが壊れて、買い換える時に考えた事は、

ミシン刺繍は、買った頃は楽しくて夢中になっていたけれど・・・
1年後には、ほどんど刺繍をすることはなくなったから、
直線縫いとボタンホールが綺麗に出来るミシンにすべきかなぁ~
でも今まで出来ていた事が、出来なくなるの寂しい!

凄く迷いましたが、やっぱり刺繍の出来るミシンにしました。


作成中

↑新しいミシンでレッドワーク刺繍をしました。
クレージーキルトの一部に使います。

新調した刺繍カード

↑使用した刺繍カード
ミシンを新しくしたので、刺繍カードも一つだけ新調しました^^


旧ミシンは自動糸調子がよく働かなくなりました。
それ以外に不具合はありませんでしたが、
コンピュータミシンなので、基盤ごと交換して修理するそうです。
しかし製造から10年以上経過している物なので、
交換部品在庫は無く、修理できませんでした。

自動糸調子による故障が、他にも多かったのか?
新しいミシンの糸調子はダイヤル式で手動になっています!

旧ミシンの液晶表示

↑旧ミシンの液晶パネルです。
右下の糸調子にタッチしないかぎりミシンが調節してくれました。
ギャザー寄せなど、意図的に縫い目を縮ませないかぎりは、機械任せでした。

ダイヤル式糸調子

↑新ミシンの糸調子ダイヤル
これだと修理が容易なのでしょうね!
でも・・・簡単な自動に慣れきっている私には難しい!

刺繍縫いと直線縫いでは微妙に糸調子が違う!
使用する糸や布によっても変化するのだと思います。
慣れるまでミシンかけが億劫になりそうです(>_<)

新ミシンの表示

↑新ミシンの液晶パネル
サイズは旧ミシンの半分ほどです。
明るく文字なども大きくなりましたが、縫い目ページ数が67 (@_@)

液晶パネルのサイズが約1/2になり
購入価格も約1/2です(笑)

新ミシンの機能は旧ミシンとほぼ同格に思われます。
製造がmade in JapanからChinaに替わったことが、
価格に大きく反映されているのでしょうか?

新ミシンはディズニーのキャラクター刺繍は出来ないので
ディズニーに支払われていたデザイン使用も加味されますが~


下糸ボビン

旧ミシンと比較して良くなったのは、
下糸ボビンに高さが増して、下糸を沢山巻けるようになりました♪
それから針に糸を自動で通す装置が改善されて、成功率がUPしました^^
手元を照らすランプがLEDなので明るくなりました。


レッドワーク刺繍のクレージーキルトが完成したら、
また記事のUPをしたいと思っています^^